初めての人がクレジットカード現金化を怖いと思う理由

コロナの影響で給料が減っている中で、友人が結婚するのでお祝いを準備したり、飲み会や合コンでお金を使いすぎてしまい給料日まで不安だと方もおられます。
すぐに現金が欲しい時に使えるのが、クレジットカード現金化という方法です。
しかし初めての人にとってはカードの現金化は怖いというイメージがありますよね。

法律に違反しているようで怖い

クレジットカードのキャッシング枠を使い果たしてしまった人が、ショッピング枠で現金化するには、クレジットカードで家電製品やパソコン、カーナビなど高価な物を買って、中古買取業者やネットオークションで売却して現金を手にするという方法です。
こうした行為は明確に法律に違反しているとは言えません。
しかし安全かと言うと微妙なところで、カード会社の利用規約には違反しているので、発覚した時には何らかのペナルティが課せられます。

クレジットカードが使えなくなったら怖い

クレジットカードの現金化はカード会社の利用規約に反しているので、場合によってはカードが利用できなくなったり、解約させられることもあります。
新幹線の回数券やギフト券、ショッピング券などは相場が安定しているので換金率が高い傾向があります。
そのため現金化したい人がクレジットカードで金券を買って、金券ショップに売るという行為が常習化していました。
カード会社はこうした部分に目をつけているので、クレジットカードで金券を買った人に電話で利用目的を確認しています。
しかし現金化業者も様々な対策を施し、カード会社に隠れて現金化する方法を身につけています。

悪徳業者に当たってしまったら怖い

街中でたくさんのクレジットカード現金化 大手という広告を目にします。
ネット上でも現金化業者はたくさんあります。
残念なことに現金化をする悪徳業者も後を絶ちません。
クレジットカードで決済して、振込先も指定したはずなのにいつまで経っても現金が振り込まれない、現金が思っていた金額よりも低い、高い手数料を取られたということは実際に起きています。
また取引の途中でキャンセルに応じてくれない、高額のキャンセル料を請求されたなどというケースもあるので注意が必要です。
しかし口コミや利用者の感想などをよく見ると優良業者も沢山あるので、前もってよく調べて利用するようにしましょう。

個人情報が盗まれたら怖い

優良業者であれば名前と住所、メールアドレスと電話番号を教えれば、すぐに現金化の取引に応じてくれますが、悪徳業者はクレジットカードの番号やセキュリティコードも要求してくる場合があります。
もしカードの写真を撮って送るように要求されたら、不正利用をされるかもしれないので注意してください。
また現金化業者と連絡した次の日から消費者金融から勧誘の電話が頻繁に掛かってくる場合もあります。
悪徳業者は利用者の名前や電話番号を漏洩させることもあるので注意が必要です。

まとめ

ここまで見てきたようにクレジットカードの現金化にはいくつかのリスクが伴います。
悪徳業者がいるのも事実ですが、優良業者は確実に存在するので、ネットの口コミや利用者の感想などを見て、評判が良い業者を選ぶようにしましょう。
どうしても現金化するのが怖いと思う時には、自分で商品を買ってネットオークションで売るなどして、現金化業者に頼らずに自分で現金化しましょう。