クレジットカード現金化するなら、店舗型とネット型はどっちがオススメ?

クレジットカード現金化には、店舗型とネット型の二種類あります。
それぞれ違った特徴があり、メリット・デメリットがあります。
どちらかの利用を考えている方は、参考にしてみて下さい。
クレジットカード現金化は、店舗型とネット型はどっちがオススメ?

そもそもクレジットカード現金化とは

カードのショッピング枠を、現金に替える現金調達方法です。
お金を借りるわけではないので、借金をしていても・未返済でも利用可能。
また、家や会社への本人確認もないので、誰にも知られることなく現金を調達できます。

店舗型の特徴

店舗型は一般的に、駅前や繁華街にあることが多いです。
店舗で現金化したい額を伝え、指示された店舗で商品を購入し、それを買い取ってもらいます。
自分で商品を購入するための移動に時間がかかるのがネック。
電話でのやり取りはなく、お金は直接受け取ることができます。

ネット型の特徴

全国どこからでも利用可能です。
ネット、メール、電話のやり取りだけで手続きが完了します。
自宅で手続きが完了、誰にも会わずに現金化が可能です。
お金は金融口座に振り込まれ、24時間コンビニから現金を引き出すことができます。

ネットがオススメの理由

ネット型業者のメリットは、店舗を訪れる必要がないところです。
ネット型は、年中無休のサイトも多く、夜の12時までやっているサイトも。
自宅に居ながら全ての手続きが完了します。

まとめ

現金化は、ネット型がオススメです。
店舗型・ネット型以外にも、個人で現金化する方法もありますが、移動や相場を調べる手間を考えるとネット型をオススメします。