クレジットカード現金化は本人確認不要ではできない

クレジットカード現金化で業者を利用する際、ほとんどの場合で本人確認を求められますよね。
「業者に身分証明証のコピーを渡すのか」と不安になりますが、本人確認不要にはならないのでしょうか。
そこで、クレジットカード現金化と本人確認について解説します。

身分証明証を提出しないとクレジットカード現金化はできない

結論から先に書きますが、公的な身分証明証を業者に提出しなければクレジットカード現金化はできません。
その理由は身分証明証がないと、業者が法律に違反してしまうからです。
クレジットカード現金化の際は、中古品の売買が関係してきますよね。
中古品の売買には古物営業法が関係していて、身分証明証による本人確認をしなければ売買できないと決められています。
もしも本人確認不要で適当な営業をしていたら、法律に抵触してしまいます。
業者にとってそんなリスクを冒すメリットは少しもないので、お客に必ず本人確認を求めます。
このような理由があるため、クレジットカード現金化は本人確認不要ではできません。
業者を通じてクレジットカード現金化をする際は、本人確認がスムーズにできるようにあらかじめ公的な身分証明証を用意しておきましょう。

現金化業者は素性のわからないお客と取引しない

クレジットカード現金化で業者を利用する際に本人確認を求めるのは、古物営業法以外にも理由があります。
それは素性のよくわからないお客を避けるためです。
もしも本人確認ができなかったら、かなり怪しいのは間違いありませんよね。
運転免許証やパスポートや健康保険証などを所有していない可能性があるということは、何か訳ありの人物かもしれません。
お客の素性がさっぱりわからなかったら、業者もきちんと手続してくれるかどうか不安を抱えることになります。
たとえば「決済が行われない」「連絡が取れない」など、業者にとっては好ましくない事態になってしまう可能性があります。
お客の本人確認は、業者が最低限の信頼関係を築くための手段です。
そのため本人確認不要では業者を利用できない場合がほとんどです。

新規客は特に念入りに本人確認される

業者を初めて利用する新規客は、特に念入りに本人確認されると覚えておきましょう。
新規客の場合はどんなお客なのか、業者はお客の素性がよくわかりませんよね。
素性がわからないのに簡単に取引をしてしまったら、後で何かトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。
そこで業者は新規客を相手にする場合、特に念入りに本人確認をします。
身分証明証を提出してもらうのはもちろんのこと、電話でやり取りしてお客の態度などを確認します。
万が一身分証明証を偽造していたり他人になりすましていたら、取引を続けるわけにはいきませんよね。
2回目以降はそこまでシビアではないですが、初めての新規客は慎重に対応することが多いです。

まとめ

クレジットカード現金化と本人確認について解説しましました。
「本人確認不要でも利用できるのでは」と安易に考えてしまいますが、それは難しいと頭に入れておきましょう。
中古品の売買には古物営業法が関係していますし、そもそも素性のわからないお客とは取引しません。
利用するなら身分証明証を用意しておくのが賢明です。